第1回;純日本製ジュエリーCADソフト ” JCAD3 ”での製作事例。(2016.11.25)

2016.11.25;842号


(以下本文)

皆さま、はじめまして。高松市、美術館通りでジュエリーショップを経営しております株式会社 エファーナの大山 剛と申します。
私は10年以上前からジュエリー製作や販売に3D-CAD/3D-プリンタを活用しており 昨秋には若手クリエータを育てるべく”ジュエリーCADデザインスクール”をはじめ、
仲間内で県内の3Dプリンタ保有者たちを募り「カガワ3Dプリンタファンコミュニティー」を本格的に立ち上げ勉強会も開催しております。

そこには様々なジャンルの方がいて 私は、ジュエリーデザインを専門としており 、ほんの少しづつですが仲間が増えていってる状況です。

また、昨今の3Dプリンタ特許切れに伴う低価格帯の発表にはじまり、3D-マーケットプレイスと呼ばれる3D-CADでデザインしたジュエリー/アクセサリ―販売市場も賑わってきているのを背景に

これから、様々な分野で3Dプリンタの活躍が見込まれている中、重要な位置を占めるツール;3D-CAD/ 3D-プリンタのジュエリー製作事例などをご紹介させていただければと考えております。

※JCAD3とは、、山梨県の地場産業振興の研究開発事業で山梨県工業技術センターと山梨大学の研究成果として作られたMade In JAPANのCADソフト。(Basic版¥37,800‐)

●ネームリング製作記事

そう、コントロールできる範囲がとても大きいことが ストレスなし

●オリジナルの時計尾錠製作記事

こだわりの美錠製作始めましたっ‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA