第52回業界新聞担当コラム; デジタルジュエリー®協会 千葉県習志野市サンビジュウ(2021.10.25)

時計、貴金属、メガネ業界の最新情報をいち早く 全国に発信している ”業界新聞”

1947年(昭和22年)より発刊している香川県拠点の老舗新聞社なんです。

  もう70周年を優に超え既に901号! 編集長の長谷川 修一氏はいわば この業界の”生き字引ってところです。



私が担当している担当コラム…

52回となる今回も引き続きデジタルジュエリー®協会メンバーをご紹介。

千葉県のサンビジュウさんから戴いたご挨拶!

千葉県船橋市の試着ができるオーダーメイドジュエリーショップ サンビジュウです。

新京成線・東葉高速鉄道の北習志野駅より徒歩5のところにございます。東京駅(大手町駅)より約30分になります。

当店では、結婚指輪や婚約指輪のブライダルジュエリーのほか、今までお使いだった指輪の宝石を使いデザインを作り変えるジュエリーリモデルもお取扱いしています。

2019年より、デジタルジュエリー®協会に加入し、デジタル技術を活かしたジュエリーづくりを行っています。デジタル技術を活用したジュエリーづくりに関しては、千葉県より経営革新計画を承認されています。

当店のジュエリーづくりでは、3DCADによるデザイン・3Dプリンターを利用した実寸大試着・スマートフォンによるバーチャル試着などでデジタルを活用しています。


3Dプリンターによる実寸大試着で実際に見つけていただき、サイズ感を確認していただいています。3DCAD上ですと大きく見えても実際に造形してみると太すぎたり、細すぎたりといったことがございますので、その際はお客様のご要望を元にデザインを修正していきます。
バーチャル試着は、iPhoneとAndroidでアプリレスのバーチャル試着システムを当店オリジナルのサービスとして提供しています。
こちらのシステムは、当店代表がシステムエンジニアの経験があるので自社開発になります。
そのほか、CGによる完成イメージ図もデザインを作る際はおつくりしています。

デジタルを活用したジュエリーづくりのきっかけは、「完成品とのイメージ違いをなくしたい」ということが大きいです。
当店代表自身の経験ですが、オーダーメイドで結婚指輪を作ったのですが、その際にデザイン画を見せてもらって作ったのですが、完成品が思っていたものと違ったということがありました。


この経験からお客様が身に着ける身近なジュエリーを満足していただける物をおつくりしたいと思い、形状に関しては3Dプリンターのサンプル、色味に関してはCGやバーチャル試着をご提供し確認していただいています。

新型コロナウイルスの影響もあり、一度もご来店いただかずに、Zoomによるオンラインミーティングやメールでのやりとりのみで行い、デザインが決まったら実寸大の3Dプリンターで造形したサンプルを郵送でお送りすることができるので、遠方の方からのご注文でも「イメージ違いなく」ジュエリーをおつくりすることもございます。

今後もお客様にとって、より良いジュエリーを提供していきたいと思っております。

 

サンビジュウ
代表 岡田泰典
住所:千葉県船橋市習志野台3-14-23
TEL:047-767-9450

URL:https://st-bijoux.jp
ブログURL:https://blog.st-bijoux.jp

E-mail:info@st-bijoux.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です